VNCとSSHの使い分け

RaspberryPiを操作する際に直接モニター、キーボード、マウスを接続して使っても良いですが、RaspberryPiが4台も有るとすべてに操作環境を接続するのは難しい。そこでリモートで操作する事になるのですが、その際にVNCとSSHのどちらで使うのが良いか?どの様に使い分けると良いか?という事を考えています。以前はリモート操作にSSHばかり使っていたのですが、一度、VNCを使っている方に何故SSHでなくVNCを使うのかを聞いたら、

・(ブログで使う為に)RaspberryPiの画面をスクリーンキャプチャーしたいから

というコメントをいただきました。

確かにそれは有ると思いますが、それが不要な場合は何で選ぶのかな?という事が気になっていたのです。

最近、7インチのモニターを購入し、PCのサブモニターとして使っています。3Dプリンターの進行状況をプリントサーバーで見る為に、このサブモニターを使っています。そして、これまではRaspberryPiに直接キーボードをつないで操作する時は大画面TVをモニターとして使っていたのを、この7インチモニターを使う様にしました。大画面TVは簡単に持ち運びが出来ないのでRaspberryPiをTVの所まで持って行ける場合は良いが、ネットワークトラブル等でVNCもSSHも使えないときはシャットダウンコマンドを打つ為にキーモードとモニターとマウスが必要です。そういう時には7インチモニターを持ち込むのですが、画面の解像度が高い設定だと文字が読めないので、raspi-configで解像度を下げる事になります。そうすると、VNCで画面を開くとパソコン画面上の表示量が少ないので使いづらい。もし、コマンドを打つだけで良いならば、SSHを使えば表示画面はパソコン側で決まるので表示量が多くて良いです。

という事で、これからしばらくは画面解像度に応じて使い分ける様にします。

・大画面TVの近くで使うメディアサーバー用途は、高解像度なのでVNCで接続

・その他は低解像度なのでSSHを使う

という事になると思います。

 

以下の内容を追加します。

・VNCとHostPC間ではコピペが出来ないので、HostPC側の内容通りのコマンドを打ちたい場合はSSHの方が良い

・マルチウインドウで操作したい場合は、SSHを複数開くよりはVNC内でマルチウィンドウを開く方が楽、但し、画面サイズが気になる場合は、どちらが良いかは総合判断になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です