OpenCV(正式名称: Open Source Computer Vision Library)のインストール

Install guide: Raspberry Pi 3 + Raspbian Jessie + OpenCV 3

に従って、Python3用にOpenCV3をインストールしました。

(Chromeで翻訳したページを見ながらですが…)

 

OpenCVの詳細は、

https://www.buildinsider.net/small/opencv/001

を参照すれば良いのですが、要はコンピューターの目の役割という事の様です。

上記から引用:

OpenCVを使うと、主に以下のような機能を利用できます。

  • フィルター処理
  • 行列演算
  • オブジェクト追跡(Object Tracking)
  • 領域分割(Segmentation)
  • カメラキャリブレーション(Calibration)
  • 特徴点抽出
  • 物体認識(Object recognition)
  • 機械学習(Machine learning)
  • パノラマ合成(Stitching)
  • コンピュテーショナルフォトグラフィ(Computational Photography)
  • GUI(ウィンドウ表示、画像ファイル、動画ファイルの入出力、カメラキャプチャ)

図1はOpenCVの機能の一部を紹介した図です(「CVPR 2015チュートリアル資料」から引用)。

図1 OpenCVの主要機能

core(データ構造、行列演算、エラー処理など)highgui、imgcodecs、videoio(GUI、画像ファイル入出力、動画ファイルの入出力、カメラキャプチャ)をベースとして、このような多種多様な機能が提供されています。各英単語の意味は、上記の箇条書きを参考にしてください。

ここまででミーン用のSDカードにインストールされた主な物は、

・Raspbian JessieLite

・Python3.4.2

・TensorFlow1.1.0

・Keras2.1.5

・OpenCV3.1.0

・git

になります。

rm rf opencv3.1.0 opencv_contrib3.1.0

で、インストールに使った大きなファイルを削除した状態のSDの容量を確認しました。

$ df -h
Filesystem Size Used Avail Use% Mounted on
/dev/root 7.3G 2.9G 4.1G 42% /
devtmpfs 481M 0 481M 0% /dev
tmpfs 486M 0 486M 0% /dev/shm
tmpfs 486M 6.5M 479M 2% /run
tmpfs 5.0M 4.0K 5.0M 1% /run/lock
tmpfs 486M 0 486M 0% /sys/fs/cgroup
/dev/mmcblk0p1 42M 21M 21M 51% /boot

ここで一旦8GBのイメージファイルに保存しておきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です